© 当サイト内に含まれる写真、文章他、サイト内のすべてにおいて、著作権は「コロラド日本語学校補習校」に帰属します。
無断転載・複製は堅くお断りいたします。Copyright(c) 2007- Colorado Japanese School. All rights reserved

ご挨拶

 

コロラド日本語学校補習校は、2007年4月にデンバー市のBrentwood United Methodist Churchにてコロラド日本語学校として開校いたしました。2008年には補習授業校として、日本の文部科学省より認定されました。

現在は、コロラド州デンバー市郊外にあるArvada市の中高一貫校( Early College of Arvada)の校舎を借用して毎週土曜日に授業を行っています。

コロラド日本語学校補習校では、日本の教科書を使って、日本の学校に入っても支障ないレベルを目指して授業を行っています。年間42日の授業日数で教科書を日本の学校と同じように終わらせるのは簡単ではありません。このため、教師の研修を毎週行うなど、教師の指導技術の向上には特に力を入れています。しかし、週に一日だけの学校ですから生徒・児童の学力維持のためには「家庭が第二の教室」と言われるように、家庭での保護者の皆様の協力が大変重要です。そのために、できるだけ生徒・児童の学習状態について保護者の皆様と密に連絡を取らせて頂いております。運動会でも日本語教育・日本文化を保護者の方に深くご理解いただくために、親子で行う競技を多く取り入れております。このように、児童・生徒の学力向上に保護者の皆様と教職員が手を携えて取り組んでいることが、本校の特色であります。

開校以来、コロラド日本語学校補習校では季節ごとの行事やクラブ活動(合気道クラブ、茶道クラブ、習字クラブ、空手クラブ)などの伝統的日本文化の紹介とともに情操教育を充実し、日本人としての自信と誇りを育て、将来の国際社会における架け橋となる人材の育成を目指してまいりました。今までに多くの生徒が国内外へ進学し、大きな成果を上げているものと自負いたしております。コロラド日本語学校補習校は、さらなる教育的進化・発展を目指すことにより、これからの国際社会に通用する優秀な人材を育成することを学校の目標としてまいります。

名誉校長

武田勝行

コロラド日本語学校各学年担任教諭の紹介

●あさがお組(幼稚園年中)

助詞を使って文章ではなすことができ、常に日本語で自分の意思や状況を伝えることができる
また助数詞、擬音語、擬態語など用いて会話ができることを目指します。
日本語の本を楽しみ、感想を伝えたり、日本の曲を聴いたり、歌ったりして楽しむことができる

●ひまわり組 (幼稚園年長)

周囲とのやり取りでは、文節を用いて話すことや、自分の 気持ちや状況を、周囲に理解してもらえるように話すことができる
簡単な説明や指示の理解することができる
お話を楽しんで聞くことができる事を目標

幼稚部(あさがお組、ひまわり組)

中沢 幸子先生

今年の学級目標は聞いている人に伝わるように、はっきりと話そう。

また、人が話をしているときは、目を見てしっかりと聞こう。

小学二年生

立本 雅子先生

小4の壁を越えよう! ここが正念場です。永住組は、続ければ、いずれ高校のテストで日本語単位を取得できますし、日本語能力試験を受けて、日本の大学入学資格の一つを取得することもできます。帰国生は、強い日本語環境を保持することができます。日本文化に接し、日本語で知識を得たり、仲間と喜びを共有するためにも、まず小4の壁を一緒に乗り越えましょう!

小学四年生

白木 美穂先生

「自分の意見は元気よく自信をもって発表しよう。他人の意見は自分との違いを考えながらしっかり聞こう。」

小学六年生

松本 由紀子先生

「目標達成へ向け、認め合い、高め合うクラス」

中学二年生

スパークス 美紀先生

今まで知らなかった、わからなかった、できなかったことを一つずつ会得し、
それを楽しめるような一年間にしたいと思っています。

小学一年生

園 篤子先生

学級目標:お互いに助け合いながら、みんなで一緒に楽しく学ぼう!

小学三年生

長谷川 千洋先生

五年生クラスのクラス目標は
「一人ぼっちの子がいない、仲良し五年生クラス」です。

現地校での勉強や部活と、補習校の両立が課題となる学年です。
補習校で出逢えた大切な仲間と一丸となって、行事や学習に

取り組めるクラスを目指します。

小学五年生

ビックナー 万美子先生

中学一年の学級目標です。

出会いを大切にし、ふれあいの中からあ共に学び、笑顔が絶えないクラス

中学一年生

石川 礼子先生

補習校の最終学年として全学年の模範となれるよう、誇りと自信を持ってコロラド学校で卒業を迎えられるように。また、今年度の学校生活を精一杯楽しめるように。

中学三年生

後藤 恵先生